読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【サッカー】横浜FマリノスvsFC東京レポート(17/2/9@シーガイア)

連日の試合レポートです。今日は横浜FマリノスFC東京の練習試合をお伝えします。

 

フルメンバーのマリノスとサブ中心の東京

この日のスタメンは次の通り。横浜FMは、

GKに飯倉、DFは右から金井・中澤・ゲデネク・山中。MFは扇原と天野がボランチを組み、二列目は右からマルティノス・バブンスキー斎藤学。FWは伊藤翔が務めます。

対するFC東京は、

GKに波多野、DFは右から室屋・吉本・鈴木・小川。MFはボランチに橋本と田邊、二列目に永井とバーンズ。FWは2トップで阿部と前田が起用されました。

 

7日の大宮戦と同様、フルメンバーで臨んできた横浜に対し、前日(8日)にFCソウルと戦った東京はサブ組が中心です。大久保が見られないのは残念ですが、この日のメンバーもタレント揃いなだけに期待が高まります。

 

序盤から局面で激しいプレーが

試合開始から両チームとも激しいぶつかり合いを見せます。先日の大宮×横浜戦が比較的イージーなゲームだったのに対し、この日はイエローカードも飛び交うなど、開幕を前にしてギアがあがってきた印象です。開始早々にバーンズの折り返しから橋本が決めて東京が先制。それでも前半のペースは横浜。この日スタメンで起用された扇原が中盤でバランスと取ることで、天野が攻撃面で躍動。連携不足が心配だったバブンスキーも何度もゴール前に顔を出すなど、大宮戦からブラッシュアップされていました。前半30分過ぎにはそのバブンスキーが得点を奪い同点。精度が高い見事なシュートでした。

 

扇原の起用とあわせて、伊藤翔がうまくボールに絡んでいたように感じます。彼がポジションを変えながらポスト役を務めることで、2列目の飛び出しを引き出していました。

大宮戦では富樫が守備に忙殺されていましたが、伊藤はその点うまくバランスを取っていました。

 

東京はサブ組が中心のため、連携が掴めずややちぐはぐな印象でした。前田や阿部、バーンズらが要所で光るプレーを見せてくれましたが、前半は組織での崩しがなかなか見られませんでした。20分過ぎにはゲデネクの激しいチャージで永井が負傷。交代となりましたが、スタッフはOKサインを出していたので、軽傷であることを祈ります。永井の代わりには平岡が同じポジションで入りました。

 

後半は徐々に東京ペースに

後半は横浜がメンバーを総入れ替え。

GKに原田、DFは右から遠藤、松原、新井、高野。MFは4人で、中町と中島がボランチ、左右にはそれぞれ吉雄と前田直。ウーゴと富樫が2トップに入る4-4-2に変更。

FC東京は1人の交代。ボランチの橋本が下がり、山田がCBに。鈴木が一列あがりボランチにポジションを変えました。

 

横浜は後半の早い時間帯に前田のクロスにウーゴがボレーで合わせます。これは得点につながりませんでしたが、コンディションは確実にあがってきている様子。11分には前田のクロスを富樫がうまく合わせて得点。富樫はその前にも1本惜しいシュートを見せており、2トップの方がやりやすいように感じました。大宮戦でもコンディションの良さを見せた前田はこの日も上々。ドリブルはもちろんパスでもチャンスを演出するなど、スタメン奪取へアピールが続きます。

 

リードを許した東京がここから反撃をみせます。まずは24分に前田がPKを決めて同点。続く28分には室屋からの折り返しを後半途中に田邊と交代で入っていた内田が決めて逆転。さらに35分には左SBの小川が素晴らしい弾丸ミドルをたたき込み追加点をあげ試合を決めました。この日の小川は何度もサイドを駆け上がりクロスをあげるなど、ポテンシャルの高さを見せつけてくれましたね。

 

横浜は3つのポジション争いが熾烈

結局このまま4-2でFC東京が勝利。東京は後半になると連携が深まってきたことや、横浜がサブ組に交代したことが逆転勝ちの要因でしょう。

最後に大宮戦、東京戦の2試合を観戦できた横浜についていくつか。

 

現状では3つのポジションがまだ決まらない様子です。1つ目がワントップのFW。富樫はコンディションも良さそうですが、ポジションへの適正では伊藤が有利。ウーゴも能力は高そうですし、思い切って2トップを採用するのも一つの案です。

2つ目がボランチ。この日の扇原はチームにうまくフィットしていましたし、天野とのコンビは面白そうです。中町も安定感はあるだけに、どちらを選ぶか。

3つ目は両SB。松原と山中が加入したポジションですが、1枠は金井が起用されるでしょう。大宮戦は左サイド、東京戦は右サイドと、どちらも安定したプレーをみせていました。新加入コンビでは、今のところ山中がスタメン候補かもしれません。この日は松原がCBで起用されていました(パクが大宮戦で脱臼により長期離脱)し、守備に不安があるマルティノスの右サイドには金井を置きたいのではないでしょう。

 

個人的には右サイドハーフには前田を推します。2試合ともマルティノスが起用されていることを考えると、監督のなかでは決まっているのでしょうが、やはりムラのあるプレーとメンタルは2試合とも穴となっていました。前田も攻撃志向は強いですが、前者に比べれば守備をさぼりません。このあたり開幕後も動きがありそうですね。