読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【サッカー】大宮アルディージャ練習試合レポート(横浜FM×大宮17/2/7@シーガイア)

昨日に引き続き、Jリーグの練習試合をレポート。今日は大宮アルディージャです。

 

チームに大前をどう取り込むか

今オフの大宮、一番の動きは家長(川崎に移籍)の移籍でしょう。チームの戦術とも呼べる働きを見せていたクラッキの退団は、攻撃の再構築を余儀なくされる出来事でした。ただその穴に大前(清水)を獲得できたのはおおきなプラス。家長とタイプが違いますが、能力的には引けをとらないばかりか、上回る可能性を秘めています。大前をどれだけ早くチームに組み込めるかが序盤の課題と言えそうです。

そのほかにも長谷川アーリア(湘南)、茨田(柏)、瀬川(群馬)と、攻撃面のバリエーションを増やすタレントを獲得しました。家長とおなじく攻撃の核であった泉澤(G大阪に移籍)も移籍しただけに、こちらの穴を誰が埋めるのかも注目です。

 

大前は持ち味を発揮できず

この日の大宮は大前と江坂が2トップを組んでいました。二列目には長谷川と清水を置き、ボランチは茨田と横谷がコンビを組みます。

大前の印象としては、まだうまく馴染んでいない、といったところ。中盤からのパスが上手く届かず、しびれを切らして下がってくる場面が何度も見られました。茨田と長谷川の新加入組もやや迫力不足。長谷川はいくつか前にアタックする場面がありましたが、適正ポジションを探している印象です。茨田はパス回しの面では無難にこなせていましたが、違いを作るまでに至っていませんでした。

 

マテウスと岩上が躍動

後半はメンバーを総入れ替え。ボランチの岩上と大山はリズムが良く、とくに岩上はコーナーから直接ゴールを決めるなどパフォーマンスが際立っていました。マテウスも持ち前のテクニックが冴えわたり、トップに入ったペチュニクとワンツーで抜け出すなど怖さを見せてくれました。新加入の瀬川もなかなかの動き。前半物足りなかった前への推進力をチームあたえていました。

前後半ともに守備におおきな乱れはなく、やはり課題は攻撃面の構築です。

 

ゲームメーカーを誰にするか

試合は3ゲームで2-2の引き分け。得点の数ほどアグレッシブではなく、まだ連携は50%といったところでしょうか。

課題はハッキリしていて、家長が抜けたゲームメーカーを誰が務めるのか。大前がなんとかボールに絡もうとしていましたが、やはり彼は前で使ってあげたい。後半のマテウスのように二列目から飛び出す選手がいれば、バリエーションが増えます。もしくはムルジャペチュニクの後ろで自由にやらせるのがベターかもしれません。いずれにしても後ろはしっかりしているだけに、新加入選手の持ち味をうまく生かした攻撃ユニットが見てみたいですね。