読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【サッカー】アビスパ福岡ニューイヤーカップレポート(鹿島×福岡17/2/6)

前日の鹿島に引き続き、ニューイヤーカップのレポートをお届けします。今日はアビスパ福岡編です。

 

選手獲得に成功しなかなかの陣容

1年でのJ2降格となった福岡ですが、戦力の顔触れをみるとなかなかの充実具合。CBにはG大阪から岩下を補強し、中盤には石津と山瀬を獲得。金森(鹿島に移籍)の退団が痛手になるかと思いましたが、しっかりと補強に成功しました。Kリーグ2部で得点を量産したポッピがフィットし、Jでの実績のあるジウシーニョが力を発揮すればなかなかの戦力となります。

 

アグレッシブな攻撃は好感

福岡の特徴は一昨年J2で見せた堅守。しかし昨年はその守備が脆くも崩れ、あっさりと降格してしまいました。今季1年での復帰を目指す井原監督はこの守備面を再度強化するかと思っていたのですが、試合ではむしろ攻撃的な姿勢が目立ちました。この日攻撃を担った石津、城後、山瀬、松田力は何度もアタックを仕掛け、ポジションを流動的に変化させていました。とくに山瀬は持ち前のテクニックを存分に披露。まだまだ健在ぶりをアピールしてくれました。

 

ただこの日もっとも印象に残ったのは神戸から復帰した石津。スピードあるドリブルと身体の強さを生かした突破はエースの風格さえ感じさせます。ウェリントンやポッピが前でボールを収めてくれれば、素晴らしい活躍をみせてくれるのではないでしょうか。

 

攻守の切り替えが鍵を握る

守備に目をやると、三門ダニルソンが中盤で蓋をし、新加入の岩下が激しいプレッシャーで相手選手に迫っていました。やや気になるのはボランチと前線のスペース。とくにダニルソンはボールを下げるシーンが多くみられ、積極性に欠けました。前線の4人が前にアタックする分、カウンターへの対応は重要な鍵となりそうです。それでも最後の砦となる杉山(清水)はハイパフォーマンスを見せてくれましたし、鹿島の守備に完璧に崩されるシーンはほとんどありませんでした。失点もセットプレーからと、上々の仕上がりと言えるのではないでしょうか。

 

1年での復帰は十分可能

この試合を見る限り、組織の構築は順調に進んでいるようです。あとは期待のポッピがどう絡むか。得点源がしっかり見つかれば、1年でのJ1復帰は十分可能ではないでしょうか。

余談ですが、数年前にキャンプを訪れた際、福岡はJ2下位に沈んでいました。当時の練習風景はどこか緊張感に欠け、明るい展望を描くことはできませんでした。そうした姿を見ているからこそ、降格してもなお指揮を務める井原監督の能力の高さがうかがえます。今季持ち前の堅守からアグレッシブなスタイルへと導くことができれば、その評価はさらに上がることになりそうです。