読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【本】『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦

その個性的過ぎる文章と、独創的な世界観で多くのファンを魅了する森見登美彦さん。『夜は短し歩けよ乙女」は、そんな森見さんの魅力がぎっしり詰まったおすすめの一冊です。

 

最初の感想は「なんじゃこりゃ?」

僕が森見さんの作品に初めて触れたのが、この『夜は短し~』でした。大学生の頃にその表紙に惹かれてジャケ買いイラストは中村佑介さん)。読み始めてから最初の感想は、「なんじゃこりゃ?」というもの。とにかく文体が特徴的過ぎて、どうにも馴染めそうにありませんでした。

 

森見さんの作品に共通するのが、この文体との相性。作品のなかには読みやすくライトなタッチで書かれたものもありますが、本性(?)と呼べる『夜は短し~』や『四畳半神話体系』などは、読む人によっては抵抗を感じる方も多いのでは。しかし一度その魅力につかまったら、もう抜け出せない。

僕も文章のテイストに慣れてからは、まさに「一気読み」でした。

 

物語の意味を見つけるのは不可能(笑)

森見さんの作品には、常識が通用しません。鯉は飛ぶし天狗も出てくるし、象のお尻も出てくる。物語に意味を見つけようとするのは、もはや不可能な作業です(笑)

『夜は短し~』もおなじ。とにかく何も考えず、ただストーリーに乗っかっていれば、またたくまに森見ワールドの虜になります。

 

『夜は短し~』はその名言の数々もファンの人気を集めています。物語のどこかしこに名言が溢れかえり、各地で爆発している。ページをめくりながらクスクスと(ニヤニヤもあり)なることから、電車のなかで読むには注意が必要です(笑)

 

映画化も発表され期待大

先日にはついにアニメ映画化も発表された『夜は短し~』。

監督にはアニメ『四畳半神話大系で森見ワールドを見事に映像化した湯浅政明さん。主人公役には人気絶頂の星野源さんが声優で起用されます。もちろんキャラクターは中村佑介さんが担当。もういまから楽しみでたまりません!

 

映像を見る前でも、見たあとでも、気になる方はぜひ一度読んでみてください。

 

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)